フロアコーティングを横浜で施工して貰いましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

従来の日本住宅の床材と言えば畳が主流でしたが、最近の住宅の床材と言うとフローリングが利用されているケースが増えています。畳の部屋はイグサの香りが漂う空間、しかし畳の上に重量を持つ家具を置くと畳に凹みが出来てしまう、家具を置いた場所は日焼けから免れるものの、置いてない場所との色の差が生じるなど、模様替えをする時に色の差が気になってしまうと感じる人も多いのではないでしょうか。
フローリングの床材は水拭きを繰り返すと傷んでしまうことがあります。畳と比べると使い勝手が良いと言っても毎日の掃除に気を使う人も多いのではないでしょうか。横浜にはフロアコーティングの施工を行ってくれる会社が多くあるため、新築時に施工を行って貰えばきれいな状態を維持出来る、掃除も楽に行えるなどのメリットに繋がります。

きれいな状態のままでコーティングが可能

横浜市にお住いの人の中でもマイホームを所有している人は多いと言えましょう。マンションや一戸建てなどの住宅には家族の団欒に最適なリビングルームがあるかと思われますが、リビングルームの床材はフローリング床仕様が一般的です。フローリング床は木材が原料などからも、傷が付きやすく水をこぼすと浸み込んでしまってシミが生じてしまうケースもあります。新築の段階でフロアコーティングを施工しておけば、表面に特殊な膜が形成されるため、傷から守れるようになります。
新築の状態でなくても、きれいな状態の床であれば施工業者に依頼をして塗装を行って貰えば、毎日の掃除で水拭きが出来るようになりますし、市販のワックスとは異なり耐用年数が10年と、メンテナンスをせずにきれいな状態を維持出来ます。

施工に掛かる時間は数日間で済みます

横浜でマイホーム購入をした時、フローリング部分のフロアコーティングを行うと、フローリングの掃除が楽になる、椅子を引きずってしまった時に傷が付きにくくなるなどのメリットがあるのでお勧めです。中古住宅などでもフローリングがきれいな状態であれば、施工を行っておく事で、入居時の美観を維持出来ますし、新築の場合であれば未入居前の状態を維持出来る利点もあります。
工事に掛かる時間は、剥離がなければ数日間で済みますし、家の中すべてのフローリング部分を施工しておけば、半年から1年に1度の割合でのワックス塗装が要らなくなります。ワックスがけは労力を使いますし、耐用年数が短いため、その都度繰り返し行わなければならないなど手間暇が掛かってしまいます。

施工後のお客様の感想を掲載しておりますので、ぜひご覧ください。 ショールームでは、EPCOATの仕上がりやメンテナンス方法、施工手順などがご覧いただけます。 ショールームは東京・横浜・埼玉・千葉・名古屋・大阪・福岡にございます。 ペットや赤ちゃんが舐めても安心・安全なフロアコーティングです。 フロアコーティングを横浜でお探しの方に

ピックアップ記事


コンテンツ

カテゴリー