横浜でフロアコーティングを行う時には種類の把握をしましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

神奈川県の中でも人口が多いと言われている横浜にはリフォームを手掛けている業者数は多いと言えましょう。家のリフォームにはさまざまな種類がありますが、中には既存のフローリングの交換もあります。新築住宅の場合であればフローリング床の耐久性や美観を長期間維持する事が出来るフロアコーティングの施工などもあります。
このような施工では、特殊なコーティング材料をフローリング床の上に塗布する事で、フローリング床をピカピカとした美しい状態にすることができ、長期間にわたってその状態を維持してくれます。また、種類に応じて長期にわたってメンテナンスフリーの状態で維持が出来るメリットを持っています。それだけではありません、一度施工を行っておけば、見た目の美しさだけではなく、手入れの手間が減り、日々の掃除が楽になったり、塗料の種類によっては、傷がつきにくくなるなどのメリットに繋がって来ます。

木材のフローリング床は耐水性がありません

フローリングに利用している床材の中には木が原料になるものもあります。木は水が浸み込む性質を持っています。そのことから分かるように、フローリングには、床掃除の際に水拭きをしてはいけないタイプも存在します。また、普段の生活をしていると水や飲み物などをこぼしてしまうこともありますが、そういった場合に浸み込んでしまい、シミができてしまうこともあります。こぼしたものがジュースなどの場合は特にべとべとした状態になってしまうなどのデメリットもあります。

コーティング材料の種類と剥離について

フロアコーティングの材料にはウレタンを初め、シリコンやガラス、UVなどの種類があります。市販のワックスもコーティング材料の一つですが、ワックスの場合は半年から1年などの耐用年数です。その都度コーティング処理を行うのも面倒と考える人などはウレタンやシリコンなどを利用するのがお勧めです。但し、ウレタンの場合は5年前後と言われており、耐久性が薄れた段階で再施工が必要になって来ます。
横浜のリフォーム会社の中には様々なコーティング材料の提案を行ってくれる会社がありますが、提案を行う時にはメリットだけでなく、デメリットについてもしっかりと説明をしてくれるので安心感があると言えましょう。ちなみに、コーティング材料の中には剥離が出来ないものもあるので、事前に把握しておく事が大切です。

ピックアップ記事


コンテンツ

カテゴリー