横浜のフロアコーティングを選ぶ時に必要な費用やポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フローリングの床をきれいにするためには、ワックスをを用いて磨くなどの処理が必要です。床にワックスを塗布しておけば、日常生活の中で、うっかり水をこぼした時でもある程度浸み込みを防止出来ます。しかしながら、ワックスの効果はそれほど長くは持続しません。耐久性が薄れた時に水をこぼすと浸み込んでしまう、これによりシミが出来てしまうなど、折角のフローリングが台無しになる事もあります。
そのため、ワックスだけで、床をきれいに保ちたいのであれば、定期的にワックス掛けを行う必要があります。

ペットのことも考えてコーティングをしよう

フロアコーティングによるメリットは美しさや清掃のしやすさなど、人にとって有益なポイントが目立ちますが、実はそれだけではありません。犬や猫などを飼っているご家庭では、ペットたちにもメリットがあります。
ペットにとってフローリングは、滑りやすく危険なものです。特に高齢のペットの場合には、骨折などの危険性もあります。そういった危険からペットを守るための方法としては、滑り止めのマットやシートを敷くことが、挙げられます。しかしながら広い範囲にマットを敷くと、クリーニングの手間がかかりますし、すぐに掃除ができないため、あまり衛生的ではありません。
ですから、無機質ガラスコーティングがオススメです。このコーティング剤は適度なグリップが効いており、ペットが走ったり、高いところから飛び降りたりした場合にも滑り止めになります。また、アンモニアやアルコールに強いため、床を汚してしまった場合のお手入れの手間もかかりません。

横浜のフロアコーティング業者を選ぶ時には数社に見積もりをお願いしましょう

横浜のリフォーム業者にフロアコーティングの施工を依頼する場合には、ホームページなどを利用して業者の特徴を掴む事、口コミなどを利用して優良業者を把握するなども大切です。1社だけで決めるのではなく、必ず数社に見積もりをお願いする事も重要なポイントになります。施工費用は材料費と職人さんの報酬などになりますが、材料についても業者毎に金額が異なるケースが多くあります。金額については、業者のホームページに1平米当たりの単価などで料金表が設けてあるので、それを見てどのくらいの金額が掛かるのかを把握しておく必要があります。
施工時間は、材料の種類に応じて異なります。これは乾燥が終わる時間が材料に応じて異なるからです。見積もりを依頼する時には同じ材料で金額を比較出来るようにしておくのがお勧めです。

ピックアップ記事


コンテンツ

カテゴリー