横浜の業者を利用してフロアコーティングの施工は業者比較が大切

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

神奈川県内の中でも最大の人口を持つと言われている横浜市内にはリフォームを行う業者が多数あります。家が古くなってリフォームしたい時など、業者がたくさんあるので価格やサービス内容を比較する事がリフォームを成功に導くポイントに繋がります。リフォームの一つにフロアコーティングがありますが、フローリングの床材に特殊な塗膜を形成する手法です。但し、リフォーム手法と言っても新築時に施工を行えばフローリング床の状態を長期間維持出来るメリットに繋がる、室内の化粧とも言えましょう。
施工に掛かる値段は、コーティングの材料の種類に応じて変わりますが、高い材料を利用する事で耐久性も長くなるのが特徴で、繰り返し施工を行うよりも1度で20年間の耐用年数を持たせる方法もあります。

コーティングの材料を比べてみましょう

一言でフロアコーティングと言っても色々な材料が用意してあるのが特徴です。ウレタンは安価なもので、耐用年数としては10年が目安と言われています。一方、価格は高くなりますがUVコーティングは20年以上の耐用年数を持つと言われており、費用に余裕がある場合にはウレタンよりも長い期間きれいな状態を維持出来るなどからも人気を集めています。
横浜の業者にはそれぞれ独自に作り上げた料金プランが用意してあるので、材料を数種類選ぶ、施工を依頼する業者も幾つか選んで見積もりをお願いするのがお勧めです。例えば、ウレタンとシリコンを使った場合の見積もりを3~5社に対して依頼をする、見積もりの金額や対応の良さなどを比較するのがお勧めです。また、提案力を持つ業者に依頼をすれば、別のやり方があるなどを教わる事が出来ます。

業者が用意しているサービスを比べましょう

横浜のフロアコーティング業者を比較する時のポイントとして、施工だけではなくアフターサービスが充実しているのか否かをチェックする事も大切です。施工を終えた後に、表面がひび割れてしまうなどのトラブルが起きてしまう事もゼロではありませんし、乾燥前に物を落としてしまい、凹みが出来たなどのトラブルが起きる事もあります。表面がひび割れてしまうのは施工に問題があるからで、この場合は業者に言えば修繕を行って貰う事が出来ます。
しかし、乾燥前に物を落として凹みが出来たなどの場合は、依頼側のミスになるため、一般的には有償での修繕になります。業者の中には仮に依頼側のミスでも修繕に対応してくれるケースもあるので、このような業者であれば安心して施工の依頼が出来るメリットもあります。

ピックアップ記事


コンテンツ

カテゴリー